• 良い葬儀をあげるためには

    • お葬式は、人が亡くなったとき、弔うために行われる祭儀葬制の一部です。遺族は、通夜の後、葬儀と告別式を同時にセットで行う事が多いですが、本来この二つは別の行事です。

      本当に役に立つ四日市で葬儀の事前見積りの情報も豊富で、検索サービスも豊富なサイトです。

      葬儀は、葬送儀礼を訳した言葉で、主な目的は、遺体にしかるべき処置をする、故人が無事、あの世に旅立っていけるよう、宗教儀礼にのっとり、お弔いの対応をすることです。



      そして、大事な目的の一つとして、残された人たちが、集まり、語り合い、励ましあうことで、故人の死を受け入れ、お別れする場となることです。



      最近では、家族の多様化や、生前の希望などから、お葬式もいろいろな形で行われています。



      告別式の部分を簡略化して、親しい間柄の人々と、少人数で行う家族葬や、やはり、家族など少人数で弔いますが、後日、社会的な弔いの儀式である本葬を執り行う密葬、お葬式を行わず火葬場で荼毘に付す、もっともシンプルな直葬などがあります。



      また、伝統や形式などにとらわれない自由葬では、生前好きだった音楽を流す音楽葬など、故人らしさを偲べるスタイルもあります。



      家族中心にお葬式を済ませ、告別式に近いものを、お別れ会や偲ぶ会という形式で後日行い、故人を偲ぶケースもあります。



      良い葬儀をあげるためには、まず、自分がどんな葬儀をあげたいか、しっかりと把握することが大切です。


      そのうえで、複数の葬儀社を訪ね、希望を良く聞いてくれ、希望にそった提案をしてくれる担当者がいる会社に相談することが必要です。



  • 関連リンク

    • 葬儀スタイルの変遷について

      葬儀といえば、昔は家で親族や親しい人などがたくさん会葬し、厳粛で盛大に執り行うものでした。近隣に住む自治体などからたくさんのお手伝いに来てもらい、炊き出しから受付、準備に至るまで、全て親族、近隣住民などの手を借りて自分たちで行う場合がほとんどでした。...

    • 最近の葬儀の傾向とは

      家族の数だけ葬儀の形もあるわけですが、最近は全体的に小さめで質素に行われる事が多くなりました。以前のように立派な葬儀をあげようというのとは反対で、無駄な費用や迷惑をかけずに行おうという人が増えているのです。...